次回公演は2022年3月ごろを予定しています。

2021年はいまだ収まる気配のないコロナ禍の中、2月の題名のない演劇祭参加に始まり、7月にはオンラインコラボレーション演劇祭参加、8月には本公演にて『まっすぐ目を見て話してください』を上演しました。

例年なら下半期も本公演、と行きたいところですが、2021年は下記にもありますように主宰の幸田がプロデュース公演の作・演出を担当することになりましたので、劇団としての公演はお休みになります。

2022年の早い時期に本公演をできればと考えていますので、今度もHallBrothersにご注目いただけると幸いです。

外部活動情報

幸田真洋
FPAFプロデュース公演 作・演出

福岡・九州の地域舞台芸術文化を支援する NPO法人FPAPが12月にプロデュース公演を行いますが、脚本・演出を幸田が担当します!

詳細が発表され次第、こちらでも更新します。

城南区の動画に出演しました

城南区のシンボルキャラクターニッコりんとワルもんの動画に劇団員が出演しました。
手洗いや感染症対策が学べる動画になっております。
ぜひ、ご覧ください!

※動画は下記リンクよりご覧いただけます。

≫福岡市ホームページ

 

オンライン創作作品『家中の栗』公開中

Zoom演劇第二弾です!!

2020年6月公開『明日の同窓会』につづき、ビデオ会議ツールZoomを使ってのオンライン創作作品第二弾は『家中の栗』

2014年上演のこの作品をZoom用に書き直し、最新作として公開しました!

田舎の名家、ろくでなしの長男の処遇をめぐって親族会議が開かれるその当日を描いた会話劇。

20分程度の作品です。

劇団YouTubeチャンネルにて公開中ですので、ぜひ、ご覧ください!

劇団HallBrothers YouTubeチャンネル≪

Zoom演劇第一弾『明日の同窓会』や過去作品も公開中ですので、YouTubeでもHallBrothersをお楽しみください!

 

『明日の同窓会』

 

新作短編『第6回ぶどうギャル』

 

過去作品『上野真冬の遅すぎた春』

ほか、多数公開中!

団員募集中

劇団HallBrothersでは、劇団員を随時募集しています。役者として、スタッフとして、舞台公演に関わってみたい方、私たちと一緒に舞台を作ってみませんか? ご希望の方は、メールにてご一報下さい。詳細は追ってご連絡致します。

役者

福岡市内(主に博多区、南区の公民館。他、福岡市公共施設)の稽古場にて週2~3回程度(平日19:00~21:00,土日祝日は9:00~17:00。土日が中心)の練習に参加できる方(公演前は稽古日数が増えます)。 ※男女・経験不問

スタッフ

制作、衣装、大道具、音響、刊行物デザイン及び当日受付など、スタッフワークーク全般。